きまぐれアワード第一弾!天然本マグロ厳選ボックス販売開始!

【数量限定】国内産天然本マグロを、計500gの厳選ボックスでお届けします!

厳選された本マグロを贅沢にお楽しみいただけるセットを販売開始しました!
内容は、赤身200g、中トロ200g、大トロ100gの合計500g。
ご家庭で本格的なお寿司やお刺身を楽しみたい方にぴったりの逸品です。

皆さまに最高の状態でマグロを召し上がっていただきたい!
少しでも多くの方にマグロの事を知ってほしい!
そんな思いから、実際にきまぐれクックが試食し、認められた品質の本マグロをご自宅へお届けします!

ここでは食べ方や注意事項、よくあるご質問などを随時更新して掲載しています。


■きまぐれアワードとは

数多の海鮮を食べてきた"きまぐれクック"が実際に試食し、厳しい審査に合格した食材だけに与えられる特別な認定です。

きまぐれアワード商品は、きまぐれクックの確かな目利きと舌によって選ばれており、その美味しさと新鮮さが認定されたものになります。
認定商品を通じて、皆さまに海の恵みをお届けします。

 

■赤身・中トロ・大トロの見分け方

通常画像の順番で並べています。
柵の上からはドライアイスを敷き詰めて品質保持をしています。
届いた時点で既にドライアイスが溶けている場合もありますが、品質に影響はございません。
また、チラシと注意事項を記載した用紙も同梱しておりますので、解凍方法などもそちらでご確認いただけます。

■大切なマグロの解凍方法を教えます!

 
・冷蔵庫(5C以下)で熟成する時間の目安は、一晚程度(6時間~12時間)が目安となります。

解凍状況によってはさらに時間がかかる場合もありますので、上記はあくまで目安として、様子を見ながら解凍をしてください!

■マグロは同じ部位でも切り分け方によって見え方が変わります!

マグロは主にスーパー等で売られる際、家庭で食べやすい長方形の切り身になっているのをよく見かけますが、その形状の事を【柵(サク)】といいます。
柵は「お腹側、背中側、外側、内側」等々、様々な部位から切り分けられていて、場所によって見え方が異なります。
イメージ画像では「A柵」「B柵」「C柵」とありますが、どれも赤身と中トロで部位は同じでも、重さで切り分けるため形が異なります。

■お刺身以外のおすすめの食べ方

赤身:醤油漬けにして、そのままでも丼でも!

【材料】
・日本酒
・みりん
・醤油または出汁醤油
・ニンニク(お好みで)

【手順】
①日本酒とみりんを1:1で鍋にいれる
②火にかけてアルコールを飛ばす
③ニンニク、醤油(分量は書いてないが多め。動画参照。)をいれる。
④煮ダレをタッパーに移す。
⑤冷凍庫で10分冷やす
⑥冷凍庫から取り出しマグロを30分漬ける。
⑥完成

実際にきまぐれクックが作っている動画はこちらから


中トロ/大トロ:炙りまたは表面だけ軽く焼き、塩で食べるのがおすすめ

【材料】
・お塩
・柑橘類(レモン、すだちなどお好きなものを)

【手順】
①切ったマグロ柵を用意。
②バーナー(a)かフライパン(b)を用意する。
③(a)バーナーで上から焦げ目がつくまで炙る
③(b)事前に熱したフライパンで表面の色が変わる程度軽く炙る
④お塩とお好みでレモンやすだちをかける
⑤完成

※※ご注意※※
マグロは生ものなので、時間が経過すると変色します!

Q .なぜ変色してしまうの?

マグロは超低温(-50℃以下)でないと、酸化が進んでしまい変色してしまいます。
家庭用冷凍庫の温度はJIS規格で-18℃と決められている為、通常では変色を防ぐ事ができません。

Q .なにが原因で変色するの?

赤身の部分はミオグロビンという成分が多く含まれていて、時間が経過すると酸化が進む(メト化)ので変色してしまいます。
環境によって異なりますが、冷凍で約1週間、冷蔵で約2日ほどでメト化が進むと言われています。